個人再生のデメリットを知っておこう【デメリットは少なめ】

サイトメニュー

住宅の取り扱い

男の人

個人再生と自己破産を比較すると、自己破産は全額借金免除になりますが、住宅ローン返済中でも住宅を手放す必要がある、一定の職業に就くことができないといったデメリットがあります。個人再生も財産を処分しなければなりませんが、住宅などは維持したまま手続きできます。

詳しく見る

手続き後の影響とは

男女

個人再生をすると、信用情報に事故情報が登録されてしまうデメリットがあります。ブラックリストのことであり、5年間はその情報が消えませんので新たな借り入れが困難になります。デメリットも理解したうえで手続きをすすめていくことです。

詳しく見る

弁護士依頼がスタンダード

貯金箱

個人再生は裁判所を通して借金を減額する手続きのことです。大幅な減額が可能なことがメリットで、信用情報に履歴が残るといったデメリットよりもメリットの方が大きいといえます。手続きは煩雑なので弁護士に頼むのがオーソドックスな方法です。

詳しく見る

安心の将来に導く債務整理

ウーマン

安定した収入があれば認可され、残債務を大幅に減額できる方法があります。それが債務整理の1つである個人再生です。収入が不安定であれば認可されないデメリット以外は、不安に感じる点はありません。弁護士のサポートを受けながら、悩みの種となっている借金問題を解決しましょう。

詳しく見る

裁判所で行う債務整理

男の人

個人再生は裁判所に申し立てて行う債務整理のひとつです。個人再生は自己破産するほどではないものの任意整理や特定調停では解決できない際に選択される方法でメリットも多くありますが、手続きが複雑であるためデメリットもあり、選択としてベストであるか考えて選ぶ必要があります。

詳しく見る

他の債務整理で解決策

相談

収入無い方は利用できない

個人再生に限らず債務整理は、借金の減額をすることができるメリットがある反面デメリットもあります。よい言われているのが信用情報に事故情報が登録されてしまう、つまりブラックリストに載ることです。ローンやクレジットカードを申込みする際に審査があります。例え、過去に債務整理をしていたことがありそのことを黙っていたとしても審査では個人信用情報機関に照会をかけると、過去に事故があったことはすぐに判明します。事故情報が登録されていることは、返済能力、返済管理ができていないため登録されていると考えられますから、そういった方にまた貸しましょうとはなりにくいのです。また、個人再生は官報にも掲載されるデメリットがあります。国が発行する新聞なのですが、住所と氏名などが載ります、しかし、官報を目にしているという一般の人は少ないですし、そこまで心配するようなことでもないです。その他の個人再生のデメリットとしては、誰でも利用ができる手続きではないということです。条件は返済能力があり債務金額が5000万円以下であることです。返済能力、つまり今後も将来にわたって収入が見込めることが条件となりますので、失業中である借金額が大きく返済できるような額ではない場合、個人情報での債務整理は利用条件が厳しくなります。そうなると、個人再生ではなく自己破産を検討していかなければならなくなります。様々デメリットはありますが、収入が今後もある方はこの手続きを行うハードルは低く、任意整理よりも減額割合が大きく、自己破産のように住宅等まで処分しなければならないということもないので、デメリットは少なめと言えます。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを知っておこう【デメリットは少なめ】 All Rights Reserved.