サイトメニュー

弁護士依頼がスタンダード

貯金箱

費用を考慮してもらえる

個人再生とは、裁判所に申立手続きをして借金を減額する手続きのことです。任意整理よりも大幅な借金減額が可能であり、住宅や車などの資産は残すことができるといったメリットがあります。一方デメリットとしては名前が官報にのる、信用情報に個人再生を行った事実がのるといったものがあります。ですがこれらのデメリットはメリットに比べるとあまり大きなものとはいえないので、多額の借金に悩んでいる人や住宅などを残しながら借金返済がしたい人にはおすすめの方法といえます。個人再生の場合、手続きが裁判所を通すことになり、用意する書類も多岐にわたるため、弁護士に依頼するのがスタンダードといえます。借金もあるのに弁護士費用など払えないと思うかもしれませんが、弁護士の方でも依頼者の懐具合を考慮して費用を決めてくれるのでその点は心配いりません。弁護士や司法書士などの専門家に依頼しないと手続きが非常に煩雑になる、住宅ローンなどがある場合は期限がシビアなため手続きを行うのが大変になるといったデメリットがあります。デメリットというよりもほとんど不可能に近くなるので、個人再生は弁護士などの専門家に依頼するのが基本です。弁護士事務所を探すときは、個人再生などの借金問題に強みがあるか、弁護士が話しやすく信頼できそうか、費用はわかりやすいかなどを目安として比較するのがコツです。たいていは無料相談があるので、そうしたサービスを利用して見極めるのがおすすめです。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを知っておこう【デメリットは少なめ】 All Rights Reserved.