サイトメニュー

住宅の取り扱い

男の人

自己破産と比較

債務整理には、個人で行う特定調停は除いて任意整理、個人再生、自己破産の方法があります。この中で、個人再生と自己破産の共通していることは裁判所を通して手続きを行うことです。では、自己破産と個人再生でどこが違うのか、まず自己破産についてですが裁判所で免責が認められれば借金の返済を全額免除されます。他の債務整理であると、減額された借金をその後も継続して返済していかなければなりませんから、収入が無いとできないのです。その点、自己破産は収入が無くても手続きをすることが可能なのです。ただし、デメリットとしては高額な財産を手放さなくてはならない、職業制限されるなどがあります。個人再生は、全額免除とはなりませんが借金をしている金額にもよりますが最大10分の1まで減額をさせることができます。減額なので借金自体は残るわけですから、その借金を返済できるだけの返済能力が必要なので、継続した収入がなければ利用することはできないです。また、自己破産と同様にデメリットは高額な財産を処分しなければならないことです。デメリットではあるのですが、自己破産のように住宅ローン返済中であっても住宅を手放さなくてはならないということはなく、住宅は維持したまま手続きをすることができます。他にも職業制限がありませんので、保険の募集人や警備員、その他士業と呼ばれる仕事をされている方もそのまま継続して仕事をすることができます。デメリットは個人再生にもありますが、住宅や生活に必要な財産は残せて、減額も任意整理よりも大きいので債務整理の手続きの中でも割と有効な手続きです。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを知っておこう【デメリットは少なめ】 All Rights Reserved.