手続き後の影響とは|個人再生のデメリットを知っておこう【デメリットは少なめ】

サイトメニュー

手続き後の影響とは

男女

5年以上新規借入れが制限

個人再生は、自己破産のように住宅を手放さずに借金を減額させることができる手続きです。裁判所に申し立てをして再生計画案が認可されれば、減額された借金を3年程度で分割で返済をしていきます。これまでよりも返済の負担が軽くなるメリットもありますが、デメリットもあります。デメリットは、ブラックリストの状態になることです。個人再生を行うと政府の広報誌である官報に住所や氏名が掲載されます。それと同時にJICCなどの個人信用情報機関へも事故情報が登録されてしまうのです。クレジットカード会社やローン会社は、審査の時に個人信用情報機関を利用します。申込者の信用情報を調べるためです。信用情報に、個人再生をした事実が登録されているということは、お金がなく返済能力がないために情報が登録されていますから、そういった人は年収がいくら高くても返済に関してはルーズである、信用がない人と判断されてしまうのです。ブラックリスト状態は5年以上の期間はかかります。この期間中は、キャッシングやカードローンの契約、奨学金の保証人、その他ローンを組むことができなくなるデメリットがあります。ブラックリストの期間中に注意しなければならないことは、どこか借入れできるところはないかとむやみやたらにローン申し込みをしてしまうことです。当然断られるのですが、5年経過すれば信用情報は消えます。それでも消えないのが各ローン会社で保有している顧客データです。審査で断られたとしても、なぜ断ったのかその理由はデータとして利用者でなくても保存してあるのです。再度申込みにきたときに前回どういった理由で断ったのかを調べるのです。前回の断り理由によっては、ブラック状態でなくても融資しないこともあるので注意が必要です。個人再生をする場合は、デメリットも十分理解したうえで手続きをすすめます。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを知っておこう【デメリットは少なめ】 All Rights Reserved.